ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
日記

2011年04月11日 12時42分
RTX1100 で Tokyo6to4
IPV4アドレスが在庫切れしたって言うので、IPV6の導入をしようといろいろ調べたんですが、筑波大学とソフトイーサって会社がやってる実験サービスを試してみましたが、何が悪いのかルーティングしてくれなかったので、Tokyo6to4 ってのを試してみました

結果的には大した設定もなく、あっさり繋がった感じがしました

設定自体は割と簡単にできました、tunnel 作るだけでよいみたいです
その時にフィルターとか入れてしまってて、はまりましたがフィルター外したら
あっさり繋がりました(というか繋がってました)

接続には IPV4 の固定アドレスが1つ必要で
V4のアドレス32ビットがV6アドレスの2002:の続きに16進で付いた
/48 のアドレスが使えるようで、それがサイトのアドレスになり
セグメントのアドレスは /64 にしないとだめみたいです

セグメントが1つなんで、/48 のマスクで設定してたんですが、
これだとルーター広告出してくれないみたいではまりました
/64 にすると速攻でVISTAや7に反映しました

仕組みがよくわかってないんですが、以前にIIJで設定した時は
V4より優先してV6のアドレスを使ってたんですが、どうやらV4が優先みたいです
V4もV6も使えるサイトはV4で繋がります
V6を優先さすには http://www.tokyo6to4.net の「6to4の利用方法」のページで
「ポリシーテーブルの編集方法」の設定をすればよいようですが
両方使えるんならV4の方が速そうなので、特に触りませんでした

いろんなページで情報集めながら、設定をして内容も変わっていったので
不要な設定が有るかもしれませんが、以下私の設定です
( WAN は PP 1、宅内は LAN3 、V6用のトンネルは tunnel 1 です)

ipv6 route default gateway tunnel 1
ipv6 prefix 1 2002:xxxx:xxxx::/64 ※16進で自分のIPV4グローバルアドレスを設定

ipv6 lan3 address auto
ipv6 lan3 address 2002:xxxx:xxxx::1/64 <- なんか固定で設定しないとダメのようです
ipv6 lan3 prefix 2002:xxxx:xxxx::/64
ipv6 lan3 rtadv send 1
ipv6 lan3 rip send on

pp select 1



ip pp nat descriptor 1
pp enable 1
tunnel select 1
tunnel name IPV6
tunnel encapsulation ipip
tunnel endpoint address xxx.xxx.xxx.xxx 192.88.99.1 ※自分のIPV4グローバルアドレスを設定
ipv6 tunnel rip send on
ipv6 tunnel rip receive on
tunnel enable 1

nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor masquerade static 1 1 xxx.xxx.xxx.xxx ipv6

2011/10/8 追記
ルーターのIPV6アドレスを、auto で設定していて、それなりに設定で来ていたようなんですが
おそらくこれが原因でIPV6のルーティングができなかったようです
ルーターは固定アドレスで!
いまいちIPV6わからんなぁ


・RTX1100 で Tokyo6to4
・VMServer内のゲストOSのIPV6がいまいち・・・
・V6のホームページをオープンしてみました
・今度は PPPoE で IPV6 を繋いでみた
・RTX1200 が遅い?
・RTX1200 はやっぱり速かった
・配線も1000Mにしました
・VMServer内のゲストOSのIPV6 暫定解決
・FEEL6を使ってみました
・筑波大学のIPV6
・EO光のIPV6をYAMAHAのルーターで

カテゴリー:日記
目次へ戻る


フッターイメージ