ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
日記

2011年04月25日 14時31分
VMServer内のゲストOSのIPV6がいまいち・・・
以前にTokyo6to4でIPV6対応できたので、そのままほってたのですが
VMServer内で動いているVISTAとCentOSのその両方が
他のPCからIPV6でPINGが飛ばない状態でした

CentOSに関しては、いったんCentOSの方からPing6を飛ばすとしばらくは
外からも通るようになり、VISTAの方は、外のVISTAから ホスト名でV6優先でPingを
飛ばすとリンクローカルなアドレスでは飛ぶようになります

なんでだ?

VMServer を動かしているホストマシンではそんなことはなく
ちゃんと Ping が飛びますし、外部からPingを飛ばしてくれるhttp://www.subnetonline.com/から
CentOSの方には、ちゃんとPing6 が飛んでくれます

よくわからん・・・
Proxy ARP 見たいのものがあるのか?

まぁ外から繋がるのならいいか!

・RTX1100 で Tokyo6to4
・VMServer内のゲストOSのIPV6がいまいち・・・
・V6のホームページをオープンしてみました
・今度は PPPoE で IPV6 を繋いでみた
・RTX1200 が遅い?
・RTX1200 はやっぱり早かった
・配線も1000Mにしました
・VMWARE に MACOSX を入れてみる
・VMServer内のゲストOSのIPV6 暫定解決
・ESXi5 に変えてみました
・ESXi5 でのバックアップとVNCの設定
・ESXi5 と UPS の連携
・ESXi5 で MACOSX
・ESXi5 のゲストOSにHDをRAWマウント
・ESXi5 P2V の変換
・ESXi5 でのバックアップ続編
・ESXi5 のゲストに HDAudio の追加
・FEEL6を使ってみました
・ESXi に Windows8 を入れてみる
・ESXi5.1 へアップデート
・ESXi5.1 で crond が動いてない・・・
・筑波大学のIPV6

カテゴリー:日記
目次へ戻る


フッターイメージ