ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
日記

2015年02月26日 18時48分
RDゲートウェイを入れてみました
仕事で使っているVMが増えてきて、外出先からつなぐとき
リモートディスクトップの接続ポートを変更して対応していたのですが
いちいち接続ポート替えるのも邪魔くさいし、覚えれなくなってきたので
Windows2012にRDゲートウェイを入れてみました

インストール自体すごく簡単で、こことかを参考にしてできたのですが、2か所はまってしまいました

1つめは、クライアントから接続するときゲートウェイの設定をするのですが
どうやら、ドメインが有るのが前提の様で、ユーザー名・パスワードだけでは
ログインできませんでした
ゲートウェイの認証にはドメインを付けましょう!

ただし、入力する場所はユーザー名とパスワードしかありませんから
ドメイン名\ユーザー名の形式でユーザー名の所に入力します

じゃぁワークグループの時は・・・
ゲートウェイのPC名をドメイン名の代わりに入れればOKでした

これが判るまでに半日かかりました・・・

2つめはRAP(接続をするリソースの制御ポリシー)の
グループには全てのグループを登録しないとダメみたいです
私の場合、管理者のアカウントなので Administrators には入っているのですが
何かを試している時に Users も追加していました

RAPを作る時、Administrator だけだと繋がりませんでした
(なぜかiOSからは繋がりましたが?)
Users グループを追加すると無事つながるようになりました
( Users グループを自分のアカウントから外せばいいんですけどね・・・)

これにも半日かかりました

めでたく、設定なしで外出先からRDPで接続できるようになりました
でも、ゲートウェイのパスワード毎回入れないといけないのは何とかならんのかな?





・SqlServer2008Express のインストール
・リモートPCからSQLServerに繋ぐ
・SqlServer壊してしもた・・・
・SqlServerの不思議
・SQLServer のチューニング
・SQLSERVER のリストア
・NetFx3 ってなんだ?
・RDゲートウェイを入れてみました
・Windows上のApcheでASP.NETを動かす
・SQLServer に、大量データのインサート
・Windwos で mono
・Windows10 のシステムイメージの作成
・SQL Server 2017 RC2 評価期限切れ


カテゴリー:日記
目次へ戻る


フッターイメージ