ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
日記

2015年06月04日 11時04分
LinksStation CS-X2.0 の再リカバリー
どうにもおかしい・・・

ファイルをコピーしていると、結構な頻度で速度が100Kb/s以下とかに落ちる
NASとしては使い物にならん

POGOPLUGのサムネイルも、とびとびにしかできない・・・

「こんなものなのか?」

と思っていたのですが、バッファーローの「NAS Navigater2」を入れたら
ディスク障害が起きてるらしい・・・しかも「危険なレベルの・・・」って書いてある

それでか!

で、前に試しに使ってた1Gのディスクに交換して、使う事に

確かに、転送速度は改善した、10Mb/s ぐらい
速くは無いけど、まぁ安定してるなら使えるかと思ってたのですが
やっぱり、サムネールが結構な割合で作られないのが有る

時間が解決するかと思って、ほっといてみたのですが、作られる気配が無い
管理画面の「メンテナンス」で「再構築の開始」をしても、同じ

別の1Gのディスクでもう1回やってみることにしました

で、以前のようにパティション作って、フォーマットして、ファームウェアから抜き出したファイルをコピーして、ブート!

フォーマットが始まったので、待ってたのですが、終わるのに12時間ぐらいかかる・・・

で、終わったので、さぁ使おうと思ったら、ディスクがマウントされてないらしいので
再起動すると、またフォーマット?

結局手順として、ファームウェアのアップデートをしないとダメみたいです

その前に、パーティションタイプを変更したりしたのですが、これは以前はやってないんで、要らないと思います(ちなみに、「Microsoft・・・」になってたので「Linux・・・」に変えました)

ただ、通常のアップデーターだと、最新だと言ってアップデートしてくれないので、デバッグモードにしないとダメで、LSUpdater.ini の

[Flags]
VersionCheck = 1
NoFormatting = 1

の部分を

[Flags]
VersionCheck = 0
NoFormatting = 0

に変えて

[SpecialFlags]
Debug = 1

を追加します

で、以前に抜き出した「uImage.buffalo」を zip 圧縮し、ファイル名を「uImage.img」にして、元のファイルを上書きします
(どうも、元のファイルだと、せっかくコピーした uImage.buffalo が消えてしまいます)

LSUpdater.exe を起動して、左上のアイコンをクリックして「デバッグモード」を選択
「アップデート」と「設定」のチェックを全部つけてから「ファームウェア更新」をすると
使えるようになりました

まだ、ちょっとしか使ってないですが、NASとしても10MB/s15MB/sぐらい出るし
サムネイルもちゃんとできるし、まぁまぁ使える感じ

但し、ファイル名やフォルダー名に全角を使うと、あまりよくないみたいです
「メタデータ作成」が終わらなかったり、スマホのアプリでフォルダーの中身が見えなかったり・・・
全てを半角文字にすると、今のところ快調

このまま、ちゃんと動いてくれたら、2Gのディスク買おうかな・・・



・LinksStation CS-X2.0 の HD が壊れる
・LinksStation CS-X2.0 の再リカバリー
・POGOPLUG の通信量
・WD Cloud の設定


カテゴリー:日記
目次へ戻る



フッターイメージ